富士通富士通健康保険組合

電話受付時間 平日10:00~15:00
新型コロナウイルス対策に伴う業務体制

文字サイズ

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目のお薬です。
新薬の特許が切れた後に販売されるので、研究開発費が少なくてすみ安価に製造することができます。
そのため、新薬と同じ有効成分・同等の効き目でありながら、お薬の価格を低く抑えることができます。
患者さん個人の医療費負担を軽くするだけでなく、当健保も含め国全体の医療費削減にも大きく貢献することが期待されています。

ジェネリック差額通知

富士通健康保険組合では、みなさまが医療機関や調剤薬局で処方されたお薬をジェネリックに切り替えた場合に軽減できる金額についてお知らせしています。
加入者ならどなたでも、パソコンやスマートフォンでご覧いただけます。今後の治療のご参考としてお役立てください。

通知対象

新薬(先発医薬品)をジェネリックに切替えた場合に自己負担額が軽減できる可能性がある方。

通知書の内容

処方されたお薬について、少なくともいくら削減できるかを、削減可能なお薬ごとにご案内します。 
 ※ジェネリックは複数存在する場合があり製薬会社ごとに薬価が異なるため、 
  「削減可能な額」は削減できる最小金額を表記しています。 
 ※「ジェネリック差額通知」は、医療機関からの請求明細を元に通知しており、 
  仕組み上、受診月の3ヶ月以降の通知となります。

「ジェネリック通知」(イメージ)

 

通知方法

  ヘルスアップF@milyにて、毎月情報提供 ※対象のお薬がある場合。
 *毎月26日頃 情報更新。 

〔1〕スマートフォンアプリ版「ヘルスアップF@mily」

①アプリのインストール・認証につきましては、こちらをご覧ください。
②ログイン後、
  a.ヘルスアップF@mily アプリを起動後、 右下のオレンジ色のアイコンをタップ
  b.メニュー内「医療費のお知らせ」をタップ
    c.「医療費のお知らせ及び保険給付決定通知書」または「ジェネリック差額通知」を選択
    d.検索画面で、閲覧したい対象を指定し「出力」ボタンを押下 *pdf形式で出力可能

〔2〕パソコン版「ヘルスアップF@mily」

    https://healthup.jp.fujitsu.com/PHR/Personal/70/P70S0S01.aspx

    ログイン後、画面上部のメニュー「医療費のお知らせ・ジェネリック差額通知」より
    ご利用いただ けます。(アプリと同様に上記c dの順で操作ください)

通知書の使い方

ジェネリックに切り替えを希望される場合は、まずは医師・薬剤師にご相談ください。

病院内で薬をもらうとき(院内処方)
 医師にジェネリック医薬品に変更したいとお伝えください。
 
病院外の調剤薬局で薬をもらうとき(院外処方)
 薬局で薬剤師さんと相談することで、自分のお薬をジェネリック医薬品にするか、新薬にするかを、 
 選ぶことができます。

 ※但し、処方せんの「変更不可」の欄(画像の赤枠部分)に「?」または「×」が付いている場合は  
  ジェネリック医薬品に変更ができません
 ※全ての薬に対してジェネリック医薬品がある訳ではありません。

調べてみようジェネリック

ご使用のお薬にジェネリック医薬品があるかどうかや、ジェネリック医薬品取扱いの医療機関などが
 検索できます。

かんじゃさん薬箱バナー.png

飲みやすさで選んでみませんか?

市販薬を選ぶとき、飲みやすさや扱いやすさも選択理由のひとつになるのではないでしょうか?
 ジェネリック医薬品には最新技術でお薬を飲みやすくする工夫がされているものもあります。

jeneric_nomiyasusa.png